ちきりや手塚万右衛門商店は、寛政年間に創業し、七代200年の歴史がございます。その間、代々伝統技術を受け継ぎながらも、常にその時代にあった新しい感覚を取り入れた作品を発表し、木曽漆器の発展に寄与して参りました。

私の創る漆器は気軽に自由な発想を持って日常の生活で使って頂きたいものばかりです。傷のつく事など恐れず、毎日愛着を持って使って頂きたいと思います。洗う時にはあまり気にせず、器にちょっとした愛情を注いで頂く程度で結構です。何年かお使い頂いた器は、修理塗り替えをして使い続けて頂きたいと思います。

私はいつも使い手の笑顔を思い浮かべて創っています。少しでも日々の生活に潤いを与えられたらと願っています。幼児からご高齢な方まで、皆様に使って頂きたいと思います。

販売商品

お問い合わせはこちら

気になった商品がありましたら、お気軽にご連絡ください。

道の駅 木曽ならかわ